Book

「無一文からのドリーム」の書評まとめ【今の時代の成功の法則が理解できます】

無一文からのドリームを読もうか迷っている人「無一文からのドリームの要約のまとめ、書評が知りたい。」

「これから、無一文からのドリームを読みたいので読むべきポイントや要約などのまとめ情報があれば知りたいです。」

こういった疑問にお答えします。

もくじ

今、私は無一文からのドリームを読んだことで、時間管理の重要性や強いメンタルの育て方、成功までの努力の必要性を学ぶことができています。

これから成功を実現させたい方、YouTubeやSNSを始めたい方はぜひご覧になってください。

無一文からのドリームの基本情報

無一文からのドリームの基本情報

無一文からのドリームの基本情報は次のとおりです。

  • 書名:無一文からのドリーム
  • 著者:ラファエル
  • 編集:モデルプレス(modelpress)
  • 出版月:2019年10月11日
  • 出版社:株式会社 宝島社
  • 定価:本体1,200円+税

プロフィール

著者、ラファエル氏のプロフィールは次のとおり。

YouTuber、実業家。大阪府生まれ。定時制高校を卒業後、パチンコ店に勤務。その後、自衛隊や営業職などを経てYouTuberに転身。自衛隊で鍛え抜かれた肉体、営業職で培ったトーク力とビジネスセンスを武器に、瞬く間に人気YouTuberの仲間入りを果たす。チャンネル名は「ラファエル Raphael」で登録者数は130万人を超える(2019年9月現在)。

本書の構成

無一文からのドリームは計5章で構成されています。

  • 第1章:幼少期
  • 第2章:思春期
  • 第3章:青年期
  • 第4章:YouTuber期
  • 第5章:ビジネスマン必見!ラファエル流・仕事術

どんな逆境でも諦めないメンタルや、時間管理術、仕事術など、ラファエル氏の実体験をもとにわかりやすく解説されています。

ページ数と読み終わるまでの時間

全223ページ。

文字は小さめですが、上下の空白が広い分文字の量はそこまで多くありません。

おおよそ3時間程度で読み切れると思います。

無一文からのドリームの要約まとめ

無一文からのドリームの要約まとめ

要約は次のとおりです。

  • 要約①:幼少期〜思春期
  • 要約②:青年期〜YouTuber期
  • 要約③:ラファエル流仕事術

それぞれ解説していきます。

要約①:幼少期〜思春期

家族構成は、父、母、姉、そして僕の四人。家族でどこか旅行とか遊びに行った記憶も思い出もない。だから過程がどんなもので、何がどう楽しいのか、幸せって何なのかも知らない。家庭ってどういうものなのか、当時はまったくわからなかった。
でも僕は幼少期から、貧乏で不幸な家に生まれ育ったからと悲観したり、絶望したり、失望したりしたことは一度もなかった。心が折れかけた経験もない。あるがままを受け入れた。そこからどうやって前へ進んでいくか、それだけを考えていた。
これが僕という人間の基本的な生き方のスタンスだ。そういう考え方や生きる姿勢が、物心ついた子供の頃から自然に身についていった。
引用元:「無一文からのドリーム」29Pより

上記のとおりで、ラファエル氏の生きるうえでの基本スタンスは「ネガティブ」な考えではなく前だけを見て進む「ポジティブ」な考え方です。

そうやって冴えない十代を過ごして成長していく中で、僕はひとつの特技みたいな自分の能力に気づくようになる。
実はこの長所が、のちの自衛隊時代や会社員時代でも大いに役立ち、YouTuberとなった今でも我が身を助けてくれている。
それは、他人の誰とでもすぐに打ち解けて、仲良くなることができる能力だ。
引用元:「無一文からのドリーム」41Pより

結果的に、ポジティブ思考がコミュニケーション能力の向上にも影響し、ひとつの特技として今でも役に立っているようです。

今でもよく訊かれるけど、本当に心から会ってみたいとか、話してみたいという人は、当時から変わることなく現在でも誰一人としていない。
自分は自分っていうスタンスを貫いている。その理由は結局のところ、他人に憧れたり、自分を比較してみたりしたところで、何も生まれないから。
唯一無二の存在は自分だけと腹を据えることで、素の自分を受け入れて、自分の価値観で生きていけると僕は考えている。
引用元:「無一文からのドリーム」51Pより

唯一無二の存在は自分だけであり、他人と自分を比較しても本質的には何も生まれないと語られています。

料理も技術も共通して求められるものがある。
それは、ただ手先が器用なだけでなく、限られた時間内で要領良く、次に何をするかきちんと頭の中で整理して組み立てていくこと。〜
効率良く仕事をこなすための秘訣は、つまるところ、徹底した管理とスケジューリングにある。僕はこのふたつが大好きで、大得意としている。
引用元:「無一文からのドリーム」57Pより

効率よく仕事を進めるためには、徹底した時間管理とスケジューリングの必要性が語られています。

幼少期から思春期の過程で、ポジティブ思考、コミュニケーション能力、徹底した管理の必要性が詳しく語られています。

要約②:青年期〜YouTuber期

ラファエル氏の人生のターニングポイントがこの時期にあります。

この自衛隊時代が僕の人生のターニングポイントになっていく。
入隊に際しては、いくつかの複雑なIQテストが行われた。
自分でも驚いたのは、かなり優秀な成績をおさめられたこと。小中高を通して、からきし勉強がダメだったのに、自衛隊の特殊なテストでは異様に高い評価を得ることができた。
引用元:「無一文からのドリーム」72Pより

そして次のようにも語られています。

IQテストの結果、普通よりかなり記憶能力が優れているとか、一度見た顔を忘れないとかいった、それまでの人生では評価されず、気づくことすらないような、未知の部分を教えられて軽い衝撃を受ける。
以降、訓練を重ねていくうち、眠っていた潜在能

力みたいなものが僕の中にもあったんだと次々に気づかされ、目の前がパッと開けていくみたいだった。
引用元:「無一文からのドリーム」65Pより

上記のとおり、自衛隊の入隊がきっかけとなり、もっと自分のことを知ろうと進む要因になった大きなポイントです。

そして、自衛隊を退職し、営業職でも自分の高みに向かって進んでいきます。

結局のところ、やっぱり僕は努力で補うしかできないタイプなんだと思う。
だけど、そうやって努力に努力を積み上げるのは、まったく苦にならなかった。
営業の仕事はたしかにきつかった。自分の思うように数字が上がるわけじゃないし、お客様によっては難しい人もたくさんいる。雨の日もあれば憂鬱な日もある。それでも、会社員時代は楽しかった思い出しかない。自衛隊を経て、新たな世界に踏み込んで、着実に前へと進んでいる実感があった
引用元:「無一文からのドリーム」93Pより

「フェラーリに乗る!」その気持ちでYouTubeという副業をスタートしていきます。

「なんかすごいことになってきたなあー」
そんなふうに実感しながらも、僕は別にタレントを目指すとか、有名になりたいという気持ちでYouTuberになったわけではない。ただお金を稼いで、フェラーリを買いたかっただけだ。もちろん、人気者になっていくことは嫌ではなかったけれど、会社員との二足のわらじを履く自分としては複雑な心境だった。
2016年の大ブレイク後、そろそろこれからの方向性を決めなければならないな、と僕は考えるようになる。
引用元:「無一文からのドリーム」125Pより

上記のとおり、YouTuber「ラファエル」という愛されるキャラクターで次々と成功を積み上げていきます。

要約③:ラファエル流仕事術

ラファエル流の仕事術が次のとおり15個紹介されています。

01入り口、スピード、起承転結、そして本気で好きになること!02正確な情報を使いながら徹底した管理の中で最終目標に近づく03欠陥が常に開いている状態を作る健康法は、ビジネス面でも絶対必要04成功するイメージを常に頭の中に置いて、モチベーションを保て!05早く諦め、失敗は見ないそれが」メンタル面のリカバリー法06「やりたいこと」ではなく、「できること」を仕事にしろ!07スケジュールを管理して、効率良く、すべての予定を消化!08安心して歩みを止めたら、そこから老いてしまう09目標にする人、憧れる人より、自分で構築したロジックが重要10自分だけの椅子に座れば、ライバルは気にする必要がない11読書はお金にならないが、人生を豊かにする12工数を削れば、良い作品にたどり着く13キチンとした人付き合いをすれば自分の味方になってくれる14ヤル気さえあれば、進む道は逆算して導き出せる15成り上がるためのたったひとつの方法
引用元:「無一文からのドリーム」176P〜205Pより

上記のとおりで、YouTuberとしてだけではなく、社会人や経営者、仕事やビジネスをするうえで必要な心構えと方法が余すことなく語られています。

無一文からのドリームの書評

無一文からのドリームの書評

無一文からのドリームの書評は次のとおり。

  • 書評①:ポジティブ思考と徹底した自己管理の重要性を理解できる
  • 書評②:成功のためにどれだけ作業が必要なのかを学べる1冊

それぞれ解説します。

書評①:成功までのストイックな過程がわかる

成功までのストイックな過程がわかります。

なぜなら、成功に必要な情報や行動が体験談からわかるからです。

具体的には、強いメンタルを保ちながら睡眠時間を削って仕事やYouTubeを実践していく。

誰でもできるけど、誰もがやれないことを考えながら継続していく。

しかもそんなつらさも楽しみながら乗り越えていく。

ここまでのストイックな姿勢でチャレンジすることで成功できる過程が理解できます。

書評②:徹底した自己管理と圧倒的な作業量がわかる1冊

成功するために徹底した自己管理と圧倒的な作業量がわかる1冊です。

なぜなら、ラファエル氏の成功の裏側が見える内容になっているからです。

具体的には、次のとおり。

  • 睡眠時間を4時間にして残りの20時間はYouTube
  • 営業の仕事をしながら最初はバイト
  • 営業で成績を出しながら夜にひたすらYouTube
  • YouTubeの毎日更新をしながら企業に営業

などなど。

「本気になる!」と言ってなれないことが多くある中で、「本気になる」ってどういうことなのかがわかる内容になっています。

なので、これから何かに本気でチャレンジしたい方は意気込みや本気度を勉強できる1冊になっています。

無一文からのドリームを読むべき人

無一文からのドリームを読むべき人

無一文からのドリームを読むべき人は次のとおりです。

  • これからビジネスをしたい人
  • これからYouTubeを始めたい人
  • YouTuberの裏側を知りたい人

上記のように、これから何かに挑戦したいと考えている方や、YouTubeをやってみたいと考えている方の悩みを解決できる1冊になっています。

特に、YouTubeの裏側である「作業量はどのくらい必要なのか?」がわかるので、本気でYouTubeをやりたい人には参考になることが多く語られています。

無一文からのドリーム読むべき理由

無一文からのドリーム読むべき理由

無一文からのドリームを読むべき理由は次のとおりです。

  • 理由①:ビジネスに必要な考え方を学べるから
  • 理由②:成功に必要な作業量が具体的にわかるから

それぞれ解説します。

理由:①ビジネスに必要な考え方を学べるから

ビジネスに必要な考え方を学べます。

具体的には、本気で好きになること、ゴールから逆算してできることをしていくことなど。

自分の力で多くの困難を乗り越えて成功させるために必要な考え方を学べます。

理由②:成功に必要な作業量が具体的にわかるから

成功に必要な作業量が具体的にわかります。

例えば、現在のラファエル氏のYouTubeの作業時間は20時間で、残りの4時間は睡眠時間です。

これだけでもわかるように、どれだけ真剣に本気で作業できるかどうかがわかる1冊になっています。

これから、YouTubeに挑戦したい方や、新しいビジネスを始めたい方は、成功の裏側の作業量が体験談からわかるので参考になると思います。

まとめ:無一文からのドリームは成功までの裏側がわかる1冊です

まとめ:無一文からのドリームは成功までの裏側がわかる1冊です

最後になりましたが、無一文からのドリームは成功までの裏側がわかる1冊です。

特に、流れの早い今の時代の成功法則を体験談から学べる内容になっています。

これからYouTubeをやってみたい方、新しいことに挑戦したい方には不安を解決できてモチベーションが上がる1冊になっています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Book
-

© 2021 DONBLOG Powered by AFFINGER5