Work

仕事は遅いけど丁寧と早くて雑ではどちらがいいのか?【丁寧で早くが最強】

こんにちは、ドンちゃんです。

 

仕事は丁寧で早くすることができるのか知りたい。

というか、丁寧がいいのか、早くがいいのかどちらがいいのだろうか・・・?

これから、仕事で評価されるには丁寧と早くではどちらがいいのか知りたい。

 

こういった疑問にお答えします。

 

社会人歴11年。

 

現在、仕事で丁寧かつ早くを実践したところ仕事が楽しくなるとともに高い評価をいただいています。

 

今、仕事は丁寧か早くかで悩んでいる方、仕事を丁寧で早くしたい方はぜひご覧になってください。

 

仕事は遅いけど丁寧と早くて雑ではどちらがいいのか?

仕事は遅いけど丁寧と早くて雑ではどちらがいいのか?結論として、遅いけど丁寧を意識することです。

 

なぜなら、丁寧を意識してやっているうちに、早くできるようになるからです。

 

具体的なお話をすると、仕事をして最初の頃は早くよりも丁寧を意識してやることで、遅いけどミスが少なくなり仕上がりのいい仕事ができるようになります。

 

そして、仕事の数をこなしていくうちに慣れてくるので、丁寧な仕事ができつつ最初より早くもできるようになります。

 

早くて雑のほうが評価される?

早くて雑のほうが評価されるように感じますが、遅いけど丁寧でOKです。

なぜなら、遅いけど丁寧をやっていくうちに早くて丁寧ができるからです。

 

実際、私は丁寧を意識して仕事をしています。最初の頃は遅いので早くなりたいと思いますが、早くよりも丁寧を大事にしていくことで徐々に慣れていきます。

 

そして、慣れてくると丁寧が必要なところと丁寧が必要じゃないところがわかるようになります。

 

結果、早くて丁寧ができるようになります。

 

丁寧を意識すると、作業の数が減る

丁寧を意識して仕事をしていくうちに丁寧を選択できるようになります。

 

どうしてかというと、丁寧が必要なところと丁寧が必要じゃないところがわかるからです。

 

例えば、会議で必要な資料作成をお願いされたときは次のとおり。

 

  • 内容の確認
  • 文字のミスがないか確認
  • 見た目はキレイか確認
  • 資料のレイアウトはキレイか確認

など、最初はすべて丁寧を意識して仕事をします。

 

けれど、仕事に慣れてくると、内容と文字のミスがないかを丁寧に確認するだけにして、見た目やレイアウトは何もしなくていいこともあると判断できます。

 

結果、丁寧を意識して作業をしていくうちに、作業の数を減らすことができます。

 

完璧と丁寧は違う

完璧にすることと、丁寧にすることは違います。

なぜなら、丁寧だからといって完璧ではないからです。

 

丁寧を意識していくと完璧にしたくなります。

完璧にしたくなることは問題ないのですが、丁寧と完璧を一緒に考えてしまうと悩みの原因になってしまいます。

 

実際、丁寧を意識していてもミスをしてしまうことはあります。そして、丁寧に仕事をしていたのにミスなく完璧にできなかったと落ち込んでしまうことがあります。

 

丁寧と完璧を同じだと考えてしまうと上記のように丁寧が悩みの種になってしまいます。

 

なので、完璧にすることと、丁寧にすることは違います。

 

期限が間に合わなくなる丁寧は禁物

 

丁寧に仕事をしつつ、期限には必ず間に合わせることが重要です。

 

期限に遅れると、信頼関係がなくなってしまうからです。

 

どんなに丁寧な仕事をしていても、いつも期限を過ぎてしまうと信頼を失ってしまいます。それなら、少し雑でも期限内に早く終わらせてくれるほうが助かる場合が多くなってしまいます。

 

なので、丁寧に仕事をしつつ、期限には必ず間に合わせることが重要です。

 

仕事で評価されるのは丁寧かつ早くになります

仕事で評価されるのは丁寧かつ早くになります
仕事で最も評価される人は丁寧かつ早くができる人です。

 

なぜなら、丁寧かつ早くできる人は少なく価値が高いからです。

 

実際、私の11年間の仕事の中でも、丁寧かつ早く仕事ができる人はほんの数名しか見たことがありません。そして、その方たちは仕事で重宝される存在でした。

 

丁寧かつ早くできるまでどのくらいの期間がかかるのか?

期間はどんな仕事でも3年はかかります。

 

具体的には次のとおりです。

 

    • 1年目→丁寧に仕事
  • 2年目→丁寧の選択
  • 3年目→丁寧かつ早く

 

上記のとおりで、おおよそ3年スパンの繰り返しになります。

 

雑でも早くは意識しなくていい

ちょっと長くかかりすぎと思ってしまうかもしれませが、雑でもいいから早くは意識しないほうがいいです。

なぜなら、雑でも早くを意識してしまうと、雑の楽さに慣れてしまうからです。

 

丁寧に作業をすることは根気のいる作業が多くなります。その反対に雑でも早くを意識してしまうと、根気のいる作業が減るため丁寧より楽に感じてしまいます。

 

雑でも早くを意識するとあとでつみます

雑でも早くを意識してしまうと、年数が経つにつれて厳しくなっていきます。

なぜなら、早いのは当たり前になって雑が目立ってしまうからです。

 

仕事に慣れると、ある程度早くすることは当たり前の感覚になります。

 

なので、年数が経過するにつれてどうしても早さより雑が目立ってしまいます。

 

結果的に、雑でも早くを意識してしまうとあとで厳しくなってつみやすくなります。

 

早くにとらわれないで丁寧に集中

最終的に早くにとらわれて雑にしてしまうより、丁寧に集中して早くなることです。

 

具体的に、少なくとも3年間の期間がかかってしまいますが、3年間は丁寧に集中することで自然と早くなることができます。

 

その結果、3年間で丁寧かつ早く仕事ができる価値が高まり、評価されるようになります。

 

まとめ:仕事は丁寧を意識して早くなろう

まとめ:仕事は丁寧を意識して早くなろう
最後になりましたが、仕事は丁寧を意識して早くなることです。

 

最初は丁寧であれば遅くても問題ありません。

丁寧に集中して仕事を3年間続ければ、早くなることはできます。

 

仕事を丁寧かつ早くできる人は稀な存在なので評価が上がり重宝される存在になれます。

ぜひ、これからは丁寧を意識して仕事をしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-Work
-

© 2021 DONBLOG Powered by AFFINGER5