プログラミング

プログラミングにはMacとWindowsどちらが良いの?【〇〇に決定です】

プログラミングにはMacとWindowsどちらが良いの?

MacとWindowsそれぞれのメリット・デメリットが知りたいな?

 

こんな疑問を解決します。

 

プログラミングの言語には特定のOSでしか使えない言語もあり、いざプログラミングを始めるときに「これ使えない…。」なんて失敗をする原因にも。

 

そこで、今回は「プログラミングにはMacとWindowsのどちらが良いのか」を考察し、「MacとWindowsそれぞれのメリット・デメリット」を解説します。

 

本記事を参考にしていただくと、プログラミングにはMacとWindowsのどちらが良いのかが理解できます。

 

 

プログラミングにはMacとWindowsどちらが良いの?

プログラミングにはMacとWindowsどちらが良いの?

結論として、Macの方がプログラミングには最適です。

 

その理由として次の2つ。

 

  • Macで扱えないプログラミング言語はない
  • MacにWindowsを搭載できる

 

上記のとおり、Macを選択することでプログラミングをする環境はすべて整います。

 

Windowsでプログラミングをするメリット・デメリット

Windowsでプログラミングをするメリット・デメリット
メリット・デメリットは次のとおり。

 

メリット

  • 料金が安い
  • 対応ソフトが多い
  • 使い慣れてる
  • Windows向けの開発が可能

 

デメリット

  • 最初は不要なアプリが多い
  • iOSアプリの開発が不可

 

それぞれ解説します。

 

Windowsのメリット

  • 値段が安い
  • 対応ソフトが豊富
  • 使い慣れてる
  • Windows向けの開発が可能

 

値段が安い

 

市販されているPCはWindowsが標準仕様なので、値段を安く抑えることが可能

 

実際にスペックが優秀なPCは5万円ほどでたくさんあるので、お好みのPCを安く選ぶことができます。

 

対応ソフトが豊富

 

Windowsは世界で80%のシェアを誇るため、対応しているソフトも豊富にあります。

 

そのため、Macでは使用できないソフトがあることも…。

 

ユーザー数の多さを考えると当然の結果ですね。

 

使い慣れている

 

Windowsは多くの人が使い慣れているのも特徴です。

 

Windowsのシェア率は約80%。

 

初心者からベテランまで多くの人がWindowsを使い慣れています。

 

Windows向けの開発が可能

 

Windowsにしかできない言語での開発が可能になっています。

 

具体的には次のとおり。

 

  • C#
  • F#
  • VB
  • JScript

 

など。

 

上記の言語を使用した「.NET」はWindowsでしか開発ができません。

 

Windowsのデメリット

  • 最初は不要なアプリが多い
  • iOSアプリの開発が不可

 

最初は不要なアプリが多い

 

Windowsは初期状態で不要なアプリが多いです。

 

初心者にはどうしたらいいかわからないアプリも多くあるため、使いづらいと思ってしまうことも。

 

また、そのまま放置しておくと起動が遅くなったり、余計な広告が入ってしまう原因に。

 

iOSアプリの開発が難しい

 

WindowsでiOSのアプリ開発をすることは手間がかかり難しいです。

 

iPhoneユーザーの多さを考えると痛手になってしまいますね。

 

Macでプログラミングをするメリット・デメリット

Macでプログラミングをするメリット・デメリット
メリット・デメリットは次のとおり。

 

メリット

  • デザインがかっこいい
  • 持ち運びが楽
  • バッテリー持ちが良い
  • iOSアプリが開発可能
  • OSのアップデートが無料
  • BootCampが使用できる

 

デメリット

  • 料金が高い
  • 対応ソフトが少ない

 

それぞれ解説します。

 

Macのメリット

  • デザインがかっこいい
  • 持ち運びが楽
  • バッテリー持ちが良い
  • iOSアプリが開発可能
  • OSのアップデートが無料
  • BootCampが使用できる

 

デザインがかっこいい

 

まず、Macの利点としてデザインのカッコ良さがあります。

 

持っているだけでテンションがあがり、プログラミングを頑張る動機づけにも。

 

持ち運びが楽

 

また、軽量化も進み持ち運びも楽ちんです。

 

実際に、最新のMacBook Airの重さは1.29Kg。

 

もう、重さを感じないくらいの軽さですね。

 

バッテリー持ちが良い

 

Macはバッテリー持ちの良さも特徴的です。

 

最大11時間の稼働が可能。

 

プログラミングを学習する時にバッテリー切れの心配はありませんね。

 

iOSアプリが開発可能

 

iOSのアプリの開発が可能

 

そのままMacで利用できるので、効率良く作業ができます。

 

OSのアップデートが無料

 

MacはOSのアップデートが無料です。

 

以前はWindowsも無料でしたが、現在は有料に。

 

バグの改善などもある、OSのアップデートが無料なことも利点になりますね。

 

BootCampが使用できる

 

また、大きな利点としてBootCampが使用できることです。

 

つまりは、MacでWindowsが使用可能に。

 

Mac1台あれば両方使えるので、Windowsにしかできない問題も解決ですね。

 

Macのデメリット

  • 料金が高い
  • 対応ソフトが少ない

 

料金が高い

 

MacはWindowsに比べて、料金が高いです。

 

Windowsは高スペックでも5万円ほどで買えますが、Macは倍の10万円台。

 

さらに、高いスペックを求めると50万円台になるマシンも。

 

対応ソフトが少ない

 

MacはWindowsと比べて対応ソフトが少ないのも欠点です。

 

よく使うフリーソフトや拡張機能が未対応となるので不便に感じることも。

 

プログラミングスクールで学ぶならMacに決定

プログラミングスクールで学ぶならMac
プログラミングを学ぶためにスクールに通うなら、Macで問題ありません

 

理由として、各プログラミングスクールでMacを推奨してるからです。

 

有名なプログラミングスクールで言えば次のとおり。

 

  • TECHCAMP
  • DMM WEBCAMP
  • TECHACADEMY

 

上記3社はMacを推奨しています。

 

TECHCAMP

TECHCAMP

 

Q:windowsPCでの受講は可能ですか。
A:不可です。テックキャンプではMacを利用して学習をしていただきます。就職先の企業でもMacを利用する企業がほとんどであるため、学習段階よりMacを利用いただきます。お持ちでないかたは、ご購入をいただくか、弊社がご紹介するレンタル業者をご利用いただくことが可能です。詳細は下記FAQ「PCのレンタルは可能ですか」をご参照ください。
引用元:TECHCAMP

 

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAM

 

Q:PCレンタルは可能ですか?
A:はい、可能です。
DMM WEBCAMPが提携しているPCレンタル会社様よりMacBook Air13インチを有償にて借りることができます。
引用元:DMM WEBCAMP公式

 

TECHACADEMY

TECHACADEMY

 

Q:Windows、MacなどPCの指定はありますか?
A:基本的にはWindows、MacどちらのPCでも受講可能です。ただし、iPhoneアプリコース、UI/UXデザインコースの受講にはMacのPCが必要になります。
引用元:TECHACADEMY公式

 

プログラミングにはMacとWindowsどちらが良いの?:まとめ

プログラミングにはMacとWindowsどちらが良いの?:まとめ
MacでもWindowsでもプログラミングはできます。

 

が、より効率よく楽しくプログラミングを学ぶにはMacの方が有利な環境です。

 

特に、数多く普及されているiOSアプリの開発には必須アイテムになりますので、スクールに通う時も片手に持つだけで心強い仲間になりますね。

-プログラミング
-

© 2021 DONBLOG Powered by AFFINGER5